犬がトイレを覚えない!1日目

 

犬が我が家にやって来たのは1か月前の話である。

 

迎え入れた時からトイレトレーニングは始まる。―――――

 

犬を迎え入れる前にネット上で見た一文である。

元々猫が2匹、既に家に暮らしているのだが猫のトイレトレーニングはあってないような物だった。(だって砂があれば習性でそこでやるからだ。)

そもそも今まで生きて来て猫しか飼ったことがない、完全に猫派の自分。

何もしなくても犬は賢いものだと思い込んでここまで生きて来てしまった。

しかし本当は、「犬は賢く育てることで賢くなる」のである。

 

犬は賢いからトイレなんてすぐ覚えるだろう。―――――

 

ナメすぎていた、ナメナメである。

この時は猫と犬が一緒の空間にいれるだろうかというそっちの心配ばかりしていたのである。

 

さて1ヶ月が経過し猫と犬は無事同じ空間にいても特に問題はなく過ごせている。

しかしトイレだ、トイレだけは未だに教えきれていない!

 

数日前、ウ○コが部屋中に踏み散らかされ、壁にさえも塗りたくられていた。あれは今考えると犬からの宣戦布告だったのかもしれない。

 

これから長い戦いになるからな。よろしくな飼い主よ。―――――

 

今朝も踏み散らかされ、ウ○コまみれになった犬が尻尾を振っておはようと言わんばかりの態度をとっていた。

まだ戦いの最中なのである。

 

トイレを教えるためにネットで調べ上げる。

 

 

犬が馬鹿だからトイレを覚えないのではなく飼い主が馬鹿だからトイレを教えれないんでしょ。―――――

 

 

(そうだよ!!自分が馬鹿だから調べてんだよ!!!なんで馬鹿の再確認をさせられなきゃなんねぇんだ!!!!!)

 

 

別に犬が馬鹿だとは思っていない。犬は賢いと思って生きてきたからである。

 

調べに調べて様々なトイレトレーニングを参考にして戦っている。

 

このブログを始めたのはこのまま楽しくなく淡々と苦痛に耐えながらトイレトレーニングするのは最高につまらないと思ったからである。この戦い(トイレトレーニング)を書き留めて少しでも面白いと自分が感じるように戦っていこうと思う。(3日坊主だから続くかわからないが。)

 

これを書く前にもチッチの方をトイレに近い惜しいところで外しているのであった。